はじめまして

「電車屋さんだったころの話」へようこそ

 

2017年10月に会社の制度によって55歳で退職しました。
最後は傍系会社で事務職を3年ほどしましたが、それまでは鉄道の現業職一筋。

 

1981年(昭和56年)3月 某関西私鉄に入社

1981年(昭和56年)5月 駅勤務

(1983年5月~7月 車掌見習)

1983年(昭和58年)7月 車掌

(1987年8月~1988年3月 運転士見習)

1988年(昭和63年)3月 運転士

2014年(平成26年)4月 助役

2014年(平成26年)10月 傍系会社へ出向(事務職)

2017年(平成29年)10月 退職

 

 

いま仕事のことを振り返ってみると、本当にいろいろなことがありました。
そして様々なことを体験しました。

そんな私の思い出話を綴ってみようと思い、このブログを立ち上げました。

 

笑い話もあります
真剣な話もあります
顔が引きつりそうな話もあります
いまでは信じられないような話もあります

 

私の思い出話ですから、読まれても楽しくないかもしれません。
もう一つ意味が分からない部分があるかもしれません。

でもひょっとすると、読まれた方の役に立つこともあるかも・・・

そう思いながら綴ってまいります。

 

少しですが、会社の同僚に連れられて撮影した下手くそな鉄道の写真も掲載
していこうと思っています。
ただし私は鉄道マニアとか鉄道ファンというわけではありません。
カメラを始めたころに誘われついて行った際に、ただ何となく撮影したものと
旅行で訪れた際に記念に撮っただけですので。

 

また鉄道に関するその時々の話題についても、私見を交えながらお伝えできれば良いなと思っております。

 

少しの時間お付き合いいただければ幸いに存じます。

管理人に御用の方はこちらのメールフォームをご利用ください。
(メールフォームは2020/10/24に外部のものに更新しました)

 

2022年は会社を退職して5年、そして還暦を迎える年。

そこで当ブログの記事の中からいくつかを抜粋し、大幅に編集、修正、加筆を行って電子書籍で出版しました。

タイトルはこのブログと同じ

電車屋さんだったころの話Ⅰ」です。

電車屋さんだったころの話 1

新品価格
¥330から


Amazonで電子書籍と普通の書籍(紙の本)で出版しています。

電子書籍は330円。

印刷代が思いのほか高く、普通の書籍(紙の本)は1000円です。

 

よろしければお読みください、よろしくお願いいたします。

2022.11.30 街道海月(かいどうみつき)

タイトルとURLをコピーしました