通称・お召列車を担当するとき

もちろん皇族の方は乗車しませんが

私が勤務していた会社の列車に、皇族の方が乗車されることはまずありませんので、本物のお召列車を担当することは当然ありませんでした。
しかし、私が所属していた乗務区ではお召列車と呼ばれる列車があり、大半の人はその列車を担当することを嫌がっていました。もちろん私も大嫌いでしたが、中には好む人もいたんですよね。
お召列車と名付けたのが誰だったのかは分かりませんが、少なくとも私が車掌になったころにはすでにそう呼ばれていました。

 

乗りたがる人たち

本社の取締役以上になってくると、運輸部門以外の人でも朝の出勤時に運転台に添乗したがる人が増加します。規定で添乗できる人というのは細かく決められているのですが、その中で取締役など本社役員については小さな名札を付けるだけで添乗できるとなっていて、スーツなどの私服で添乗してきます。
通勤の際に添乗してくるので、ほぼ毎日同じ電車に乗ってきます。その役員などが私服で通勤時間帯に添乗してくる列車を、私が所属していた乗務区ではお召列車と呼んで嫌っていたのです。
ある程度大きな鉄道会社ですので、取締役など役員の顔なんて現場の人間はほとんど知りません。その見ず知らずの人が添乗してきて、偉そうに横で立っているわけですよ。鬱陶しい以外に表現のしようがありません。

 

何も知らないのに添乗されるから迷惑

運輸部門の取締役で昔は事務方の直属の上司だった人もいるので、そういった人の時はまだふつうに運転ができるのです。事務方といえども運転士の研修だけは受けていますから、なぜいま運転士はそういう動作を行ったのかを理解してもらえるのです。
逆に知りすぎているので、規則から逸脱した行為が少しでもあれば怒られますけどね。でもまだ気分的にはマシでしたよ。

ところが運輸部門に籍を置いたことがない取締役が添乗してくると厄介なんですよ。
まずこの人が本当に取締役なのかが分からない。だって顔も知らないのですから。
そして運転に関する知識が全くない状態で添乗してくるから、その対処にこちらも困るのですよ。
信号機が一瞬だけR落ちした時(一瞬だけ赤になること)なんて、横で危ないとかギャーギャーいわれるから難儀なんですよ。
黙っていればいいものを
「今のはなぜ一瞬赤になったのですか?」
「あなたはなぜすぐにブレーキをかけなかったのですか?」
なんて聞いてきたうえに、本社に着いたらすぐ乗務区長に電話を入れて
「〇駅〇時〇分の運転士が・・・」
って苦情を言ってくるのですよ。

一瞬R落ちするのは、踏切によっては障害物検知装置と連動していて、渡り切れない通行人を感知してRになるとか。
そういうのではなく信号機のクセというか、Y(黄)からG(青)にアップする時に瞬間的にR(赤)になるケースもあるんですよ。
そういうのも頭に入れて運転しているのですが、他の部署しか知らずに上に上がった人は、とにかくこちらをした見下して命令口調で言ってくるから腹が立つのですよ。

春は会社の上層部も異動で入れ替わります。
4月になるとまた何も知らない取締役が添乗してきて、命令口調で偉そうに運転士に話しかけてくるシーンが生まれていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました