2018年05月一覧

NO IMAGE

乗務行路表と交番表

私鉄は車掌と運転士が同じ行路で乗務 JRと違って私鉄では運転士と車掌は同じ行路で仕事をします。 出勤してから退勤するまで、ずっと同じペアで仕事するのが定位なのです。 ※私鉄でも車掌と運転士で別行路となる会社ってあるのかな? 乗務行路...

NO IMAGE

電車運転士の出身学校について

私は公立普通科高校卒で入社 私は公立の普通科高校を卒業後に鉄道会社に入社しました。 特に運転士に興味があったわけではなく、私鉄ならば転勤があってもそう遠くに行くことはないなと思って就職先にしました。 私が入社した時は約30名が駅や乗務...

NO IMAGE

視力には気を使いました

車掌になってから視力が落ちました 私が車掌になった頃の裸眼視力は両目とも1.0ありました。 でも車掌になってから徐々に視力が落ちていきました。 まだスマホどころか携帯電話も一般的ではなかった時代ですし、パソコンはNECの98シリーズが...

NO IMAGE

制服制帽のまま眠る人

駅にはさまざまな経歴の人が配置されています 駅で働く人はさまざまな経歴を持っている人がいました。 私のように入社してはじめて配属された人。 乗務員になることなくずっと駅勤務を続けている人。 車掌や運転士を経験して駅へ配属された人。 ...

NO IMAGE

伝説の車掌‐3

過走(オーバーラン)なんて日常の出来事だった 私が車掌になったころは、所定の停止位置を行き過ぎて止まる過走の事案がごく普通にありました。 いまで言うところのオーバーランですが、私が勤務していた会社では今でも一応は規則上において ・出発...

NO IMAGE

信楽高原鐡道列車衝突事故

列車の正面衝突 まだ運転士になって3年ほどの私には、全く信じられない事故だった平成3年5月14日の信楽高原鐡道の列車衝突事故。 42名が亡くなり、600名以上が重軽傷を負う大惨事でした。 JR西日本側の乗り入れ列車、臨時快速「世界陶芸...

NO IMAGE

乗り遅れたから延着証明を出してください

ガラケーが主流だった時代 まだスマホがあまり普及していなくて、携帯電話(ガラケー)を持つ人の方が多かった頃だから2010年より前だったでしょうか。 私は始発駅で普通列車の運転席に座り、出発時刻になるのを待っていた時でした。 側開き戸の...

NO IMAGE

ようやく紋日ダイヤが終了しました

紋日=休日 紋日(もんび)ってご存知でしょうか。 元々は五節句などの特に定めた日であり、吉原などの遊郭においては、この日遊女は客をとらねばならず、客も揚げ代をはずむ習慣があった。 日常と違った晴の日。年中行事や祝祭日や婚礼、葬式などの...

NO IMAGE

旅客に殴られた経験

 寝ている人を起こすのが仕事? 車掌をしていると、寝ている旅客を起こさなければならない場面によく出くわします。 終点に着いても寝込んでいる人はもちろんのこと、ほぼすべてのシートが埋まっている状態で、シートに横になって寝ている人も起こさざ...