一覧

NO IMAGE

JRでは渡り線を整備しているけど

このような記事が出ていました。 湖西線は高架の区間が大半なことに加えて、強烈な風が頻繁に吹き下ろす場所でもあります。 他の路線では問題なく走行できる風だとしても、地形的な問題から湖西線は運転休止されること...

NO IMAGE

風雨の規制値と計画運休

2014年10月にJR西日本で行われた計画運休が最初だといわれています。 この時は大型の台風が西日本へ接近する見込みだとして、前日に計画運休を予告。 そして予告通りにJR西日本は運休したのですが、京阪神の各私鉄は運転を継続できた...

NO IMAGE

人身事故・運転士と車掌-2

前回の続きです。 駅間途中(踏切など)での事故の場合、車掌は現場に残って運転士だけで運転を再開します。 前回も書いたように事故現場から最寄りの駅まで徐行で運転して、車掌の資格を持つ係員を乗り込ませて運転を継続します。 あく...

NO IMAGE

人身事故・モラルってないの?

JR山手線の新宿駅で全盲の方が電車と接触してお亡くなりなる事故がおきました。 鉄の塊である電車がある程度のスピードで突っ込んでくるすぐ横にホームがあり、そのホーム上を人は歩いています。 足を踏み外してホームから軌道側へ体が傾いた...

NO IMAGE

運賃改定

10月1日に消費税が8%から10%へと増税されることに伴い、運賃も改定されることになりました。 中には京急空港線のようにちょっと高かった加算運賃を、消費増税分をはるかに超える大幅な値下げを同時に実行するといったような手に出る会社もあり...

NO IMAGE

鉄道会社によって体質が違う?

先週、駅係員や乗務員ってマニアが多いのかについて書きました。 あくまで私が勤務していた会社について書いたもので、他の鉄道会社では様相が違うようです。 特に関東には鉄道系の高校が存在していて、その卒業生の大半は鉄道会社に就職してい...

NO IMAGE

人身事故・運転士と車掌-1

今までにも何度か人身事故のことを書いてはいますが、それほど詳しい内容は書いていなかったように思います。 今回は人身事故に遭遇した運転士と車掌について書いていきます。 ただし私は車掌・運転士を通算で約30年ほどしましたが、幸運なこ...