車内で放し飼いにしないで!

犬や猫の電車内への持ち込み

みなさんは犬や猫を飼っていますか?
私は猫はまだ大丈夫なのですが、犬は大の苦手ですので飼おうとは思いません。
飼っている人にすれば家族同様の存在なのでしょうね。

電車に犬や猫を乗せるときにルールはご存知ですよね。
基本的に電車内へ家畜などの動物を乗せることはできません。ただし周りの人に危害を与える事がない動物で、規定の大きさ以内のゲージなどに入れれば有料の手回り品として持ち込むことができます。
いくら小さな箱に入れたとしても、ヘビなどを持ち込むことはできないのです。

 

よく車内へ出されている犬や猫がいました

車掌の時は犬の持ち込みで、よくお客さんともめましたよ。
車内巡視へ行くと座席の上で犬が寝そべっていたり、車内を走り回っていたりすることがありました。
猫は飼い主が抱いていることが多かったですね。

本来は動物の車内への持ち込みは認めていないのですが、規定の大きさ以内のゲージなどに入れた時に限って、有料手回り品として持ち込むことができるのです。
つまり何があってもゲージ類に入れておく必要があるのです。
だから
「ゲージに入れてください、車内では犬(猫)を出さないでください」
というのですが
「うちの○○ちゃんをずっと狭いところになんて入れてられない」
とか
「金を払って電車に乗せてるのに、偉そうにいわれる筋合いはない」
って言い返されることがほとんどでした。
私も何度か同じことを言って、それでも聞く耳を持とうとしない人はそのまま放置していました。

 

犬や猫の持ち込みは条件付きで認めているのです

でもお客さんの中には、私と同じように犬や猫が苦手な人だっています。
動物の毛に対してアレルギー反応を起こす人だって現実にいます。
だから今思えば、もっと強く言って強引にでもゲージなどを入れさせるべきだったなと思っています。
最近は犬や猫を連れて移動する人は自動車の利用が一般的かもしれません。
でももし犬や猫を電車へ持ち込む際には、必ずルールを守ってください。
電車内で犬や猫を放し飼い状態にはしないでください!

タイトルとURLをコピーしました