信号確認・設備点検・お客様対応、曖昧でごまかしの表現が多すぎる

どのような業種でも隠語ってあると思います。

ただ一般的に隠語って従業員だけが分かればいいって言葉だと思いますし、お客さんに対して使う言葉ではないと思うんです。

 

とあるスーパーで聞いた話ですが

〇〇市からお越しの〇〇さん→店長を呼ぶときの隠語

〇〇課の〇〇さん→万引き犯がいるときに店員に警戒を呼び掛ける隠語

他にもたくさん聞きましたが、これらはすべて従業員間で共有されるためのもので、お客さんがこれらの放送を聞いても不快にならないために隠語を使っているわけです。

 

信号確認

設備点検

車両点検

安全点検

安全確認

お客様対応

・・・etc

 

信号やポイントの故障にATSや線路・踏切の不具合、あとは乗務員のミスに起因するものがあって、一部には暴力行為や痴漢などお客さんによるトラブル行為のさいのアナウンスの仕方です。

 

最近の鉄道って、いま利用している人にはいったい何が起きているのかが分からないことが多いです。

上にいくつか並べてみましたが、スーパーとは違って鉄道ではお客さんに対して隠語で説明しようとすることが増加しています。

その多くは故障など鉄道会社側が引き起こしたものであり、まるで自分たちへクレームが来ないようにするための隠語じゃないの?と思うようなものばかり。

 

 

不思議なことに鉄道会社からの説明の放送などを聞いている人には真実は分からないのに、スマホやPCでネットニュースやTwitterなどを見ている人は事実が分かる。

こんなに利用者に対して不親切な業種って他には無いかもしれないですね。

痴漢や盗撮などの被害が発生した車内や駅構内では「お客様対応」という表現でいいとは思いますが、鉄道会社側のミスや故障などに関してはストレートに伝えるほうが良いと思うのです。

「〇〇駅の上りにおいて運転操作ミスがあり、約○分遅れで運転再開しています。この影響でこの列車も約○分遅れで運転しています」

今の時代はどこで何があったのかなんてすぐにTwitterなどで広がるのですから、隠さずにストレートに伝えるほうが良いのではないかと思うのです。

 

 

私が勤務していた会社はお客さんにわりと事実を伝えるほうでしたが、それでも同僚のミスの時は事実が分からず困ったことが何度もありました。

例えば車庫内で入換信号機を見落として冒進してポイントを破壊して脱線した時なんて、ホームで列車の到着を待っていた私は何があったのか分からず右往左往しました。

だって本当は出庫車両が先に出発だったのに、その当該列車が車庫内で脱線事故を起こしたものだから、交替して運転台に座ったとたんに出発信号機がG(青)現示になって、信号現示が間違えているのでは?と思って無線を入れるものの何の返答もない、ってこともありましたからね。

お客さんへの隠語である「設備点検」という言葉だけでは、乗務員である私も何があったのか分からないというとんでもない事態を引き起こしていたのですから。

 

 

故障や事故など鉄道会社側に責任のある事象で列車に遅れが出たとき、ストレートに何があったのかを周知させるのがそれほど恥ずかしいことなのかな?

暴力行為や痴漢被害など、その事象があった当該列車や当該駅では「お客様対応」でいいけど、それ以外の場所では何があったのかをストレートに伝えても何も問題はないと思うけど。

曖昧そして胡麻化そうとする言葉の使い方が最近多くなっている気がします。

点検・確認・対応の本来の言葉の意味から言っても胡麻化そうという魂胆が見えてきて・・・

タイトルとURLをコピーしました