明らかに速度が違う?

速度計が無くてもスピードが分かる

運転士は速度観測と言って、速度計を見なくてもその時のスピードが分かるように訓練を受けています。といっても、こういうのは慣れのものなので、経験を積むごとに養えるものです。
ただ運転士になるための研修や操縦試験においては、試験項目として速度観測があるので、研修明けの新米運転士でもある程度の速度観測はできるものなのです。

ブレーキが甘い

交代のためにホームに立っていると、入線してきたのは電磁直通ブレーキの車両です。
私は電気指令式のブレーキよりも、電磁直通式のほうが扱いやすくて好きでした。
担当してきた運転士と交代の際に引き継ぎを受けます。

「ブレーキが甘いので気をつけるほうが良いですよ」

ブレーキが甘いとはブレーキの効きが今一つだという意味で、どこの会社の運転士も普通に使う言葉です。

だいたいいつもと同じ位置辺りで、過ぎ去っていく景色の速さから、このくらいだなとノッチをオフにします。何気に速度計に目をやったのですが

「あれ?速度低いなあ。今日は勘が鈍っているのかな」

いつもとほぼ同じ位置で、速度もこのくらいだと判断してノッチをオフにしたのに速度計の表示では、自分が思っている速度より5km/hほど遅い。
つまり自分の感覚より実速度が低い、速度を速いと感じてしまうということは、体調が悪いか勘が鈍っているかのどちらかなのですよ。

そして停車駅が近付いてきます。まずは速度計の値を信じで制動距離を計算し、その計算通りの距離でブレーキをかけるのですが全然足りません。全制動まで入れて何とか停目に止めます。

「なるほどね、たしかに甘いかも」

また出発していつも通りの場所でノッチをオフにします。自分の感覚ではやはりいつもの速度だと感じているのですが、速度計の値はやっぱり自分の感覚より低い。
今度も速度計が表すスピードで制動距離を計算し、そこに甘い分の距離を足してブレーキをかけます。するとピッタリに止まってくれます。

「ということは・・・」

速度計がおかしい?

次の駅までは一切速度計を見ずに運転します。
いつもの速度を感じたところでノッチをオフにすると、ほぼ同じ場所でした。そして速度勘を頼りにしてブレーキをかけます。
するとブレーキは甘いどころか、ごく普通に停車してくれます。

「これ速度計がおかしいだけだろ?」

私は思わず運転台でそう呟きました。
速度計は車軸の回転を利用して表示されます。
古いタイプはギヤなどを使って機械的に、最近のものは発電機を使って車軸の回転数によって発生する電流の違いで表示されます。
どちらのタイプも車輪径が常に同じならば問題ないのですが、フラットがある場合には車輪を削って円くするのですが、この時に車輪径が違ってきます。
通常は速度計発電機の側で調整するのですが、おそらく調整忘れでしょうね。
でも車輪を削った場合に調整しなければ、速度計は実速度より速く表示されるのですけどね。

とにかく、ブレーキが甘いのではなく、速度計の表示が違っていたのでした。

タイトルとURLをコピーしました