駅での列車撮影は禁止で良いと思う 撮り鉄のトラブルで頭蓋骨骨折

JR西川口駅でのトラブルはテレビニュースでも取り上げられていましたね。

詳しい原因は存じ上げませんが、何かのトラブルで中学生が投げつけられて頭蓋骨骨折の重傷を負った。

そして投げつけた人は逃走していたけど、ニュースでも報道されてSNSではその時の動画も拡散されていたから、結局は逮捕となった。

 

ホーム上での撮り鉄同士のトラブルは、今に始まったことではなく昔からありました。

ある駅の上りホーム端にカメラを持った人が一人いて、そこにもう一人カメラを持った人がやってきた。

私はその駅に停車させるためにブレーキ操作をしていたのですが、後から来た人が突然白線を超えてカメラを向けてきた。

当然ですが私は目いっぱい警笛を吹鳴させました。

 

終点まで行って折り返し下り普通列車を担当していると、先ほど見たある駅の上りホーム上の撮り鉄2名が胸ぐらを掴みあっています。

ちょうど横に助役が添乗していて、その様子を見た助役はこの駅で降りるのかと思ったら

「あんな連中は無視でいいわ、ただの邪魔者やし」

 

 

撮り鉄同士でのルールを無視したからトラブルに発展することが多いのかな。

ホーム上でひな壇のようになって、後ろのほうの人も撮れるような態勢にするとか言いますよね。

今回のJR西川口駅でのトラブルも、元は撮り鉄同士のルールを破ったとかが原因なのでしょうか。

 

ただ言えることは、それはあくまで撮り鉄が勝手に決めたルールであって、乗務員や駅員が認めたものではないということ。

ホームの端っこにかたまっていると、運転士からはそのかたまりの先が見えないからマジで邪魔なんですよ。

撮り鉄の群れの場所を過ぎた瞬間に、点字ブロックを大きく超えてホームの際を歩いている人がいてドキッとした、なんてことも頻繁にあります。

そういう時って足に力が入って爆音で警笛を鳴らすこともあるのですが、そうすると撮り鉄からは真横で警笛を鳴らされたとか、みんな点字ブロックからはみ出さずに撮影していたのに、なんて文句がSNS上を賑わせることになるんですよね。

 

そもそもホームの端っこにたくさんの人がかたまっているということ自体が迷惑なんだ。

 

ここ最近撮り鉄関連の迷惑行為が頻発しています。

とりあえずは駅・ホーム上での列車撮影を禁止にすればいい。

こう書くと、一部の迷惑な撮り鉄のせいで・・・といった反論をされる方がいますが、残念ながらもうそんな悠長なことを言っている次元ではないですよ。

 

迷惑行為を行う撮り鉄は撮り鉄全体から見れば少数かもしれませんが、ここまで状況が酷くなり頭蓋骨骨折の重傷を負わされた事件が発生した以上、何らかの規制が入るのは仕方がないことではないかな。

ただ言えることは

これまで事態を静観し続けて何の手も打たなかった鉄道会社にも一定の責任があると思います。

グッズの販売や臨時列車の運行など、鉄道ファン目当ての商売をしていたからあまり強い態度に出られなかったのかもしれませんが、商売の前に安全運行や定時運行を阻害されないための規制の導入はやむなしです。

正直なところ、今回の事件があったからと言って、撮り鉄の態度や行動が急によくなるなんてことは絶対にありませんしね。

タイトルとURLをコピーしました