事故

車掌

いくら車掌は集中していたとしても・・・閉まるドアと旅客との接触

むかし旧型客車が走っていた頃、車掌はドアを閉めるという作業はありませんでした。 乗降が終わって安全を確認したのち、機関士に対して出発を指示するのが車掌の大きな仕事の一つでした。 今は自動又は半自動扱いのドアを閉めるという作業が、...
運転士

新幹線で異線侵入

全国的に豪雨に見舞われるケースが多くなっています。 そうなると当然ですが鉄道にも遅れや運休が目立って発生します。 そんな中JR西日本が次のような運転事故を公表しました。 山陽新幹線 列車がホームのない線路に入線した...
車掌

列車のドアの開け忘れ

先日こんな記事がありました。 JR特急でトラブル ドア開けないまま出発 乗客降りられず【佐賀県】 肥前山口駅に到着した下り特急列車の車掌が、車掌スイッチを完全に開扉にしなかったのかな。 車掌スイッチも最近は...
車掌

空調機器や空気圧縮機(コンプレ)の検査不正に台車の亀裂

ニュースでも広く報道されているのでご存じだと思いますが、三菱電機において鉄道車両用空調設備の不正検査が発覚したためにさらに調査を進めたところ、空気圧縮機(コンプレッサー)においても同様の事例が確認された。 三菱製の空調ユニットやコンプ...
助役や運転指令

先日の山手線のトラブルに関する問題提起の記事を読んで

先日の山手線の変電所での漏電トラブルでは直接給電を受ける路線だけではなく、並行して運行しているために避難誘導の際の二次災害防止のために運行をストップした中央線なども含め、運行再開までに4時間以上を要しました。 とにかく運行をストップし...
運転士

たとえディーゼルカーだったとしても鉄道は電気が無ければ動かせません

2021年6月9日に横浜市内のゴルフ場で、木の伐採を行っていた高所作業車が高圧線に接触する事故が発生。 救助のため高圧線を停電させたために横浜線では運転できなくなり、一時全線で運休となったそうです、 電車は電気が無ければ動かすこ...
運転士

JR九州 指導運転士が吐き気で席を離れ運転士見習が単独で運転

先日新幹線で腹痛のために運転士が運転席を離れ、動力車操縦者免許を持たない車掌を助士席に座らせて運行していたことが発覚したばかりですが、今度はJR九州での事案です。 運転士見習の操縦の指導を行っていた指導運転士(教導とか師匠)が吐き気を...
車掌

新幹線の運転士が腹痛のために運転中に席を離れてトイレへ-2

先日もこの件を記事にしています。 社内の処分は避けられないだろうと思っていましたが、JR東海による検証結果を踏まえたうえで国による行政処分も検討すると国交相が発言したようです。 新幹線運転士が席離れトイレ...
運転士

運転状況記録装置-2

「鉄道用のドライブレコーダー 設置十分に広がらず」 ずいぶん前に記事にした運転状況記録装置のことですが、先日このようなタイトルの記事を目にしました。 運転状況記録装置に関しては下記に超簡素化して書いていますのでご...
運転士

人身事故と車両故障どちらがイヤかというと

運転士をしていて避けられないもの、人身事故と車両故障です。 私は26年ほど運転士をしていたのですが、人身事故の経験は無し。 ただし人身事故の現場には多数遭遇してきましたので、悲惨な現場も数多く見てきました。 それに間一髪で...
タイトルとURLをコピーしました