券売機

駅勤務

入場時に自動改札できっぷに空けられる穴は今はあまり意味がない?

最近の自動改札って本当に高性能で、入場するときにきっぷを自動改札に通すときっぷの裏の黒い部分に、入場した日時やどの改札を通ったのかなどの情報が書き込まれます。 会社によっては券面に自動改札の通過時間が印字されたりもします。 きち...
助役や運転指令

夏制服着用期間の延長は非冷房車が走っていたから?

制服のある会社や学校では当然ですけど、冬服と夏服がありますよね。 そして残暑がまだ続きそうだと判断すれば夏服着用期間の延長が指示されるし、思ったほど暖かくならないと判断すれば冬服着用期間が延長されたりします。 普通はその時々の気...
駅勤務

オレンジカードや新幹線回数券が姿を消していく

私が駅勤務をしていた1981年~1983年って、まだほとんどの会社でカード式の乗車券類は発売されていませんでした。 オレンジカードは国鉄が1985年に発売開始されたプリペイドカードで、改札に直接投入して乗車するタイプではなく、券売機で...
駅勤務

打ち水や雑巾がけ・・・今と昔の駅の違いはこんなところにも

少し歩いて我が家の最寄り駅の近くに行った。 何年前からかは知らないけど、複数ある改札のうち1か所を除いて無人化されている。 私が勤務していた会社ではないので詳しいことは分からないけど、昔はどの改札へ行っても数人の駅員がいたように...
駅勤務

JR東日本 みどりの窓口を大幅縮小させる計画

現在JR東日本管内でみどりの窓口は首都圏で231駅、地方圏で209駅あるそうですが、2025年までにそれぞれ70駅ずつ合計140駅程度にまで減少させる計画だそうです。 “切符を購入して列車に乗る” というスタイル自体が崩...
駅勤務

帯紙と紙縒り(こより)

私が駅勤務だった昭和50年代って、私が勤務していた会社では改集札機や券売機が設置されていましたが、まだまだ昔ながらの作業も数多く残っていました。 その一つが帯紙や紙縒り(こより)になるのかな。 帯紙とは下記のような紙のことです。...
駅勤務

社員が交通系ICカードを不正利用

少し前の記事になりますが、JR九州の子会社で駅業務などを委託していたJR九州サービスサポートの社員や契約社員が、JR九州が発行する交通系ICカードの「SUGOCA」を不正利用していたことが発覚。 不正利用者は16人に上り被害額は17万...
駅勤務

精算所の窓ガラスを強く叩かれて通声穴部分が壊されて飛んできた

今は運賃の精算って自動精算機に切符や定期券を入れて行いますが、私が駅勤務のころってまだ精算機の数がかなり少なく、ほとんどの駅は改札で精算を行っていましたし、大きな駅では精算所を別に設けて精算業務を行っていました。 私が勤務していた駅管区内...
駅勤務

スイカのあった駅

私が駅勤務をしていたのは昭和50年代の中ごろでした。 勤務していた駅を今たずねてみると高架になっている駅もありますし、橋上駅舎になった駅もあります。 エスカレーターやエレベーターはもちろん設置しているし、勤務している駅員に目をやっても、...
運転士

運転士は券売機で切符の買い方を知らなかったりする

JRをはじめ各地の私鉄ではさまざまな割引切符(企画乗車券)を発売していますよね。 特に今年の夏は急減した利用者をなんとか回復させるために、例えばJR東日本は新幹線や在来線の特急の一部がが半額で利用できる企画切符、JR四国や九州では格安で域...
タイトルとURLをコピーしました