不正乗車して鉄道の写真を撮る人たちの多いこと

きちんと料金を支払って乗車し、危険な行為もせずに鉄道の写真を撮っている人には申し訳ないのですが、大半の撮り鉄は正規の料金を支払って乗車していませんし、危険行為を犯しています。

最初にも書きましたが、ルールやマナーをきちんと守っている人には申し訳ないのですが、しかしほとんどの撮り鉄はルールもマナーも無視しています。
昨日Twitterを見ていると5年も前の記事がなぜか蒸し返されているのですが

キセルを通報するなんて撮り鉄界タブーを犯した

として、デジタルカメラなどを脅し取ったり腹や顔を殴ったという撮り鉄が逮捕されたとか(でも5年ほど前)

 

 

新聞記事もおそらく間違っていると思うのですが、キセル乗車というのは端と端の区間の切符や定期券を持ち、間の区間の切符を購入せずに乗車することです。
キセルの吸い口と葉を詰める所は金属だけど、その間は木製というのになぞらえた言葉ですね。

たぶんキセル乗車ではなく、1区とか2区の切符だけを所持して、撮影する駅まで乗車して改札を出ずに戻ってきたのかなと思いますが、どうなんでしょうね。

 

 

1日乗車券を発売していない期間に、本線や支線のあちこちの駅を移動しながら撮影している人たちをよく見かけたのですが、ホントに正規の運賃を支払って乗車し撮影していたのならば、相当な金額になっているハズです。
支線を何往復かしたと思ったら、今度は本線に乗り換えて両終端駅を行ったり来たり。

常識として分かるはずですが、鉄道の運賃は乗車した区間の料金が必要です。
改札を出ずに勝手に引き返すなどすれば、ホントはそれだけで不正乗車なんです。
お店で何かを食べたのにお金を支払わずに出てきたら無銭飲食になるように、無賃乗車となりますから警察に突き出されたって仕方がない行為なんですよ。

私は助役になってから、ホームで撮影している撮り鉄の切符を確認して回ったことがあるんですよ。
ほとんどの人は
「すいません」
って謝ってくるのですが、中には食って掛かってくる人もいましたね。
「なぜおまえに切符を見せなきゃいけないんだ!」
って、係員から請求されたときは所持している切符を見せなきゃいけないと、規則に明記されているのですが。

今回なぜ昔の記事が突然Twitter上に現れたのかは知りませんが、どうにも撮り鉄たちは自分たちに都合の良いルールを勝手に作り上げて行動しているようですね。

ホーム上で脚立を使うなどかなり危険な行為も蔓延しているし、料金も正しく支払わないとなると、そのうちきついしっぺ返しに襲われるかもしれないですよ。
・・・でも鉄道会社はこういう方たちをターゲットにグッズを売って儲けているという事実もあるのだが・・・

タイトルとURLをコピーしました