痴漢や盗撮をして線路内を走って逃走するやつ

最近ですかね、痴漢したことがバレてしまってホームから軌道内へ飛び下り、電車が走行していることなんてお構いなしに線路内を走って逃げる、っていう動画がテレビのニュースで流れるようになったのって。
昔は駅に防犯カメラ(監視カメラ)なんて設置されていなかったし、ホームにいる他のお客さんも今ほど携帯電話で動画を撮らなかったようにも思うしで、その様子がテレビで流れるなんて考えたこともありませんでした。
関東のほうでは車内で痴漢や盗撮をしたやつが線路内を走って逃げるってあまりなかったのでしょうか?
私が勤務していた会社では、デジカメが普及し始めたころから線路内を逃走するやつって現れたように思います。

 

私は痴漢や盗撮したやつが線路内を逃走するというシーンに出くわしたことはありませんが、車掌さんたちに聞いた話によると、例えばデジカメでスカート内を盗撮しているとして他の乗客に取り押さえらえて車掌のところへ連れてこられる。
車掌一人ではどうにも対処できないから、他のお客さんに押さえてもらっておいてその間に列車無線で概要を報告して応援要員を要請する。
盗撮したやつにすれば、制服を着た人間のところへ連れてこられるとやっぱりビビってしまうのでしょうね。
急に泣き出すやつもいれば、それまで横柄な態度をしていたやつが急に土下座して謝りだすこともあれば、押さえられている手を振りほどいて線路内を逃走するやつもいる。
中には逃走しながら盗撮した画像を消去して
「どこに証拠があるんや!」
なんて開き直るやつもいるそうです。
たいていのやつは線路内を少しだけ進んで、すぐ近くの踏切から道路へと逃げるやつが大半だったかな。

 

 

痴漢をしたことがバレてしまい、地上のホームだとそのまま飛び降りて踏切から道路へ逃走するケースは多かったなぁ。
でも高架駅だと改札を強引に突破して逃げていくやつはいたけど、いまのように線路内を逃走するケースはやっぱり少なかった。
今のようにホームに緊急停止ボタンが整備されていれば、誰かがすぐにボタンを押せば周辺の列車はすべて停止するわけですが、ほんの少し前までは緊急停止ボタンなんてほとんど設置されていませんでしたから、痴漢や盗撮をして線路内に飛び降りたとしても誰も列車を停止させる術がない。
痴漢や盗撮をして捕まるのがイヤだからと軌道内へ飛び下りた瞬間に、走ってきた列車と接触・・・なんてことがなかったのが今思えば不思議ではありますね。
そんなやつを助けるために設置した装置ではないのだけど、痴漢をして線路内を逃走するやつの映像をテレビで見ると、こんなやつのために装置が使われるなんてって思ってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました