爆破予告!列車のドアは開けないでください

私がまだ車掌だった昭和の時代の話ですが、今考えても信じられないほど怖い指示を運転指令が出したことがあります。

どの駅に電話があったのかは知りませんが、とにかく駅長所在駅に電話がありました。
「〇〇駅を〇時〇分に出発する電車に爆弾を仕掛けた!」
該当する列車は優等列車で、この爆破予告の電話があったときは走行中でした。

ふつうならば最寄り駅に臨時停車させてお客さんを全員避難させ、そして警察に捜索をお願いするものでしょう。
この時の運転指令はすぐに
「〇〇列車は次の〇〇駅に停車せよ!」
この無線を何度か繰り返して叫んでいました。
ただしなぜ臨時停車しなければいけないのかは乗務員に通告されていません。
私は別の列車に乗務中で、爆破予告のことは翌日になってから知りました。

 

 

運転士から運転指令へ向かって
「ただいま指示通りに停車しました」
との無線が入り
「ただいまから係員によって車内の捜索が行われますので、そのまましばらく抑止となります」
時間は夜8時頃で会社帰りの人でごった返していた車内に、大勢の係員が乗務員室から入ってきた。
当然ですが車内は騒然となり車掌が運転指令に対して
「降りたいと希望される乗客がいますが、ドアを開けて対応してもよろしいですか?」
理由も告げられずに臨時停車させられ、係員がドッと車内へ入ってきた。
お客さんが不安がるのは当然のことですし、とにかく降ろしてくれ!って思うことはふつうのことですよね。
ところが運転指令は
「あなたの列車は優等列車で〇〇駅は通過駅ですのでドアを開けないでください。旅客を乗降させてはいけません」
この時乗務員には爆破予告のことは一切告げられていません。

車内を係員が見回ったけども不審物は見つからず、大勢の係員の大半はこの駅で降りていき運転再開となったのでした。

 

 

爆破予告があった列車を担当していた乗務員が、乗務区に戻ってきて助役にいろいろと尋ねます。
当然ですよね、何があって臨時停車させられたのか。
なぜ大勢の係員が車内へなだれ込んできたのか。

この時に初めて、担当列車に爆破予告があったことを聞かされたのです。
この時はいたずらだけで済んだので良かったのですが、本当に爆弾が仕掛けられていたらどうなっていたのか。
お客さんや乗務員に相当な被害が出てもおかしくなかったはず。
なのに本来は通過駅なのだからドアをを開けるな!なんて指示を平気で出す運転指令。

私は直接は見ていなかったのですが、担当していた車掌は烈火のごとく怒り、このあとの乗務を断って帰宅したと聞きました。

社内でかなり問題になったのですが、この当時ってマズいことは一切公表していませんからすべては闇から闇へ・・・

これが私が所属していた会社の運転指令が犯した最大のミスですね。
今ならばこんなことはしないと思うのですが・・・

タイトルとURLをコピーしました