よくクレームをもらった客室の暖房、昔は熱い!その後は寒い!
広告が表示されます

よくクレームをもらった客室の暖房、昔は熱い!その後は寒い!

私が車掌になったのは1983年ですから、もう40年が経ちます。

その当時はまだまだ抵抗制御の電車が多数走っていて、自動ブレーキの車両は私が担当していた路線にはすでにありませんでしたが、それでも古い車両の方が多かったです。

その古い車両は客室のヒーターがとにかく熱い。

シート下の金属の部分を手で触ることも難しいくらい、とにかくメチャクチャ熱かった。

この当時は車内が混んでくる前に客室のヒーターを切っておかないと、真冬でも汗をかくほど車内が暑くなってなっていたし、それ以上にヤケドする人やカバンや靴などが焦げたり溶けたりする被害もよく出ていました。

車内が混んでくるとカバンなどをシート下に置く人が多くなりますが、昔の車両は押し込むほどのスペースがなく、ヒーターの金属製のカバーにカバンなどの持ち物を立てかけることしかできなかった。

その金属製のカバーは手で触れないほどの熱を持っていたので、ビニール製のカバンだと溶けてしまうのです。

同様に車内が混んでくると足を少し引き気味にして座りますよね。

すると靴が焦げたり、ズボンやストッキングが溶けるといった被害も出ていました。

とにかく古い車両を担当していると真冬に暑いと苦情をもらったり、持ち物の被害を訴えられることが本当に多かったです。

とにかく混み合う前にヒーターを切っておけと指導されるほどで、

「車内の温度はお客さんがたくさん乗車してくれば自然と上昇する」

と会社側が言っていましたから。

 

その後会社側は客室のヒーターの設定温度を下げたり、乗務員室のヒーターの容量をかなり下げ始めました。

他の乗務区の乗務員からヒーターが熱すぎるというクレームが出たり、一向に減らないヒーターによるお客さんの損害をどうにかしようという対策からです。

このころから本当に客室のヒーターの効きが格段に悪くなり、今度は寒いという苦情を大量にもらうようになりましたから。

以前ならば触るとヤケドする危険性が高かったシート下の金属製のカバーですが、今度は触ってもほんのりと暖かいか、下手すれば冷たくはないけど常温くらいとしか思わないほどに下げられてしまい、よくお客さんに怒られるようになりました。

「さっき乗ってた○○線は熱すぎるほどにヒーターが効いていたけど、お前の所はなんだこの寒さは?暖かい電車から寒い電車に乗り換えたから体に堪える。本当にもう少し温度を上げてくれ!」

他線では熱すぎてコートを脱いで当社線の駅へやってきたけど、当社の車内に入ると手に持っていたコートを羽織ったり、シートに座る人がひざ掛け使っていたりしていましたから。

怒る気持ちも分かるんだけど、会社がヒーターの温度をどんどん下げてくれるから乗務員は何もできないし、ただ謝るだけ。

ラッシュで超満員になっても人の熱気で車内の窓ガラスは曇ったりはするんだけど、たいして温度は上がっていないし。

それでも会社はラッシュ時間帯はヒーターを切れとずっと指導していたっけ。

 

さすがに最近の車両は客室のヒーターに関してはマシになっていると思うけど、どうなのかなあ。

特に出庫したばかりの列車は車内がキンキンに冷えていて、それにプラスして貧弱なヒーターのおかげで全く温もらないことが多かったけど。

休日なんて朝5時ころから運用されているのに、8時ころになってもキンキンに冷えたままの状態の車両が多数あったけど、ちょっと気になるなあ。

昔客室のヒーターがかなり熱かったころは、1時間もつけておいたら車内がガラガラでもそこそこ暖かくなっていたんだけど。

 

 


拙文ながら小説や体験談をAmazonから電子書籍とペーパーバック(紙の本)で販売しております。本のサムネイルは当ブログ内の著書紹介ページにリンクしています。


車掌
街道海月(かいどうみつき)をフォローする
電車屋さんだったころの話
タイトルとURLをコピーしました