低速なのにブレーキがまったく効かなかった時の話

雨がしとしとと降り続く季節になると思い出すのが、タイトルのように低速なのにブレーキが全く効かなかった時の事です。
今回はこの話をしていきます。

転属後初めて乗務した車両

その駅は15‰ほどの勾配のある駅でした。
でも普段はその勾配を特に意識することなく、勾配にあったブレーキをかけて電車を止めていました。
その日は朝から雨が降り続いていましたが、特に強く降るということなくシトシトと降っていました。
車両は転属してきたばかりのもので、私はハンドルを握るのが初めてでした。

25㎞/h以下という低速

なぜだか場内信号機に相当する閉塞信号機が警戒信号を現示していて、25km/h以下の規定速度以下で進入しました。ただ下りこんでいるのでブレーキをごく緩く当てながらの進入となりました。
この車両は電制が相当きつかったのでみるみる速度が落ちていくので、仕方なく一旦ブレーキを全緩めにしました。
もちろん下り勾配ですので今度は速度が上昇していくので、軽くブレーキを当てました。一旦全緩めにしてからブレーキをかけなおしているので、この時は電制は立ち上がらず空制のみでした。
軽くブレーキを当てているにもかかわらず速度が上昇していくので、直通管圧力で2kg/cm2ほどに追加しました。
※この当時はkPaではなくkg/cm2が圧力計の値として使われていました。約200kPaに相当します。

低速からの非常ブレーキ投入

不思議なもので2kg/cm2のブレーキをかければどの程度の制動効果があると体が覚えていて、自然と体を前に持っていかれないようにと踏ん張るのですよ。
ところがこの時は全く制動効果が無く、逆に加速しているように感じました。氷の上を滑っているような感じという表現がもっともピッタリです。
昔ながらの電磁直通ブレーキの車両で制動管を持っています。非常ブレーキを掛けると制動管の空気をすべて吐出することで最大のブレーキがかかります。
そして制動管に空気が貯まるまでは非常ブレーキが緩みません。
でも、このままじゃ冒進すると判断して非常ブレーキを入れました。
「バシャーーーン」という制動管の空気を一気に抜く際の音が響きましたが、それでも電車は止まる気配がありません。
結局ホームを15mほど飛び出して停車しました。

なかなか信じてもらえなかったのですが・・・

その状況を乗務区の助役や労組の役員さんたちに説明しても
「25㎞/hで非常ブレーキを入れてホーム内に止まれないって、行き過ぎてから非常ブレーキを操作しただろ?」
この時は誰も信じてくれず、数日間乗務から外されましたから。
その乗務から外されている間に、雨降りの同じ駅で同じように25㎞/hという低速で30mほどホームから飛び出す事象があり、そこでようやく乗務に復帰させてもらえたことがありました。
その車両はその後も雨天時にはあちこちの駅で過走騒ぎが続き、しばらくの間は運用中に雨が降り出すとすぐに車両交換するという異常な対応が取られました。