定期券

駅勤務

小田急の小児運賃50円均一化よりもっと大胆な構想がむかし考えられた

小田急の小児運賃一律50円のインパクトは大きいですね。 こども用ICカードの利用が条件とはいえ、子供連れで電車を利用するときの負担軽減はかなり大きい。 また小児用の通学定期券も1か月が800円、3か月が2280円、6か月が432...
車掌

ダイヤ改正で列車本数が削減されると運転士や車掌も削減される?

JRや私鉄各社の2022年3月ダイヤ改正の概要が発表されており、ネットニュースや個人のサイトなどでも様々な意見を交えて伝えられています。 今回の各社のダイヤ改正をざっくりとした言い方をすると、これまでの列車本数増加傾向がついに終焉を迎...
駅勤務

期限が切れた株主優待乗車証のトラブル

駅の改札で勤務しているといろいろな人の主義主張を耳にします。 よくあったのが期限が切れた定期券や回数券で電車に乗せろと難癖をつけてくる人です。 「気づいたら切れてたんや、今日だけまけてぇな」 「そんなもん3カ月も前に買うた...
駅勤務

いよいよ鉄道業界もダイナミックプライシング導入に傾き始めたのかな

ダイナミックプライシングという言葉を聞いたことがある方もおられると思います。 需要に合わせて料金を変動させるもので、東京ディズニーリゾートの1日券は7900円~9400円、USJの1デイ・スタジオ・パスは8200円~8900円と混雑期...
駅勤務

時代の流れかな?回数券がどんどん廃止されていく

東海道・山陽新幹線の指定席用の回数券は2022年3月末で発売を終了し、自由席用の回数券は発売区間を縮小します。 在来線ではJR九州がすでに回数券の発売を終了し、JR西日本ではICOCAエリア内の回数券の発売を昨日9月30日で終了しまし...
駅勤務

自動改札って雨に弱いんですよ

私が駅勤務をしていた2年間には勤務していた会社では浸水被害って無かったのでが、乗務員になってからは何度か駅で被害を被ったことがあるようです。 とにかく最近の大雨というか豪雨は昔とはその規模がけた違いになっていますからね。 ...
駅勤務

オレンジカードや新幹線回数券が姿を消していく

私が駅勤務をしていた1981年~1983年って、まだほとんどの会社でカード式の乗車券類は発売されていませんでした。 オレンジカードは国鉄が1985年に発売開始されたプリペイドカードで、改札に直接投入して乗車するタイプではなく、券売機で...
駅勤務

コロナによって大幅に減った鉄道の混雑率と昔の流動調査

国土交通省が発表した令和2年度の都市鉄道の混雑率調査ですが、コロナによる鉄道利用者の減少が実態として明らかになりました。 その反面、これまでは首都圏・中京・関西の鉄道の混雑ぶりばかりがクローズアップされてきましたが、信越線の新津→新潟...
駅勤務

JR東日本 みどりの窓口を大幅縮小させる計画

現在JR東日本管内でみどりの窓口は首都圏で231駅、地方圏で209駅あるそうですが、2025年までにそれぞれ70駅ずつ合計140駅程度にまで減少させる計画だそうです。 “切符を購入して列車に乗る” というスタイル自体が崩...
駅勤務

SuicaやICOCAではなくクレカをタッチして乗車する

関東ではSuicaやPASMO、関西ではICOCAの使用が圧倒的に多い交通系のICカード。 導入するのには多額の資金がかかることから、地方の中小私鉄ではなかなか導入が進みません。 そこで最近はクレジットカードを改札にタッチして乗...
タイトルとURLをコピーしました