定期券

駅勤務

自動改札って雨に弱いんですよ

私が駅勤務をしていた2年間には勤務していた会社では浸水被害って無かったのでが、乗務員になってからは何度か駅で被害を被ったことがあるようです。 とにかく最近の大雨というか豪雨は昔とはその規模がけた違いになっていますからね。 ...
駅勤務

オレンジカードや新幹線回数券が姿を消していく

私が駅勤務をしていた1981年~1983年って、まだほとんどの会社でカード式の乗車券類は発売されていませんでした。 オレンジカードは国鉄が1985年に発売開始されたプリペイドカードで、改札に直接投入して乗車するタイプではなく、券売機で...
駅勤務

コロナによって大幅に減った鉄道の混雑率と昔の流動調査

国土交通省が発表した令和2年度の都市鉄道の混雑率調査ですが、コロナによる鉄道利用者の減少が実態として明らかになりました。 その反面、これまでは首都圏・中京・関西の鉄道の混雑ぶりばかりがクローズアップされてきましたが、信越線の新津→新潟...
駅勤務

JR東日本 みどりの窓口を大幅縮小させる計画

現在JR東日本管内でみどりの窓口は首都圏で231駅、地方圏で209駅あるそうですが、2025年までにそれぞれ70駅ずつ合計140駅程度にまで減少させる計画だそうです。 “切符を購入して列車に乗る” というスタイル自体が崩...
駅勤務

SuicaやICOCAではなくクレカをタッチして乗車する

関東ではSuicaやPASMO、関西ではICOCAの使用が圧倒的に多い交通系のICカード。 導入するのには多額の資金がかかることから、地方の中小私鉄ではなかなか導入が進みません。 そこで最近はクレジットカードを改札にタッチして乗...
駅勤務

子供から届けられる落とし物

かなり久しぶりに忘れものというか、落とし物のことについて書いていきます。 入社して教習所で仕事のことを学んでいた時に、教習所の講師に言われて今でも覚えていることの一つに 「子供が届けてくれた落とし物を邪険に扱うな!」 ...
車掌

縁故入社も多いし、乗務区内にやたらと親類が多かった

今でも多いのかもしれませんが・・・ 昔は親が勤めているとか、親戚が勤めているといった縁故で入社する人が多かった。 銀行などでも縁故入社が多かったと聞きましたし、意外とどこの会社でも多かったのかな。 会社にすれば身元...
駅勤務

帯紙と紙縒り(こより)

私が駅勤務だった昭和50年代って、私が勤務していた会社では改集札機や券売機が設置されていましたが、まだまだ昔ながらの作業も数多く残っていました。 その一つが帯紙や紙縒り(こより)になるのかな。 帯紙とは下記のような紙のことです。...
車掌

JR東に続きJR西でも検討 時差通勤でポイント付与

最も現実的な方法なのかなと思った、Suica定期券を利用する際に朝ラッシュの時間帯のピークを避けて利用するとポイントで還元されるという制度。 JR西日本でもICOCA定期券利用者を対象に同様の制度の導入を検討するようです。 時間...
駅勤務

社員が交通系ICカードを不正利用

少し前の記事になりますが、JR九州の子会社で駅業務などを委託していたJR九州サービスサポートの社員や契約社員が、JR九州が発行する交通系ICカードの「SUGOCA」を不正利用していたことが発覚。 不正利用者は16人に上り被害額は17万...
タイトルとURLをコピーしました