ブレーキが抜けてノーブレーキ状態に

これは私が勤務していた会社の車両だけかもしれませんが、ブレーキが抜けてノーブレーキ状態になることがありました。

それも電磁直通ブレーキを採用している古い車両ではなく、電気指令式(HRD)の車両で起こるのです。

電気指令式のブレーキは、ブレーキの段数に応じて所定のブレーキが入るようになっています。

運転士のハンドル操作によるブレーキの段数は6~8段(ノッチ)くらいでしょうか。

ハンドルを操作してブレーキを入れたはずが、スーッとブレーキが抜けてノーブレーキになる現象がたまにあったのです。

 

 

例えばブレーキ操作で5段(ノッチ)に入れようとします。

一気に5段へもっていくと“ガツン!”とブレーキが利くことがあるので、私はややゆっくりめに1→2→3→4→5と入れていました。

ゆっくりめにブレーキを入れているので、1→2→3→4と入れるごとにその段数分のブレーキが利いています。

そして5に入れた瞬間にブレーキがスーって抜けるんですよ。

もうねぇ、お尻が浮くって表現がピッタリなくらい、ホントに体がふわーっとする感じがするんですよ。

 

電気指令式のブレーキは段数が決まっていて、その段に入れれば相当するブレーキが入ります。

比較的新しい運転台のハンドルはカチッとしていて、きちんと段に入ります。

ところがややくたびれた運転台のハンドルって、この段がかなり曖昧な状態になるんです。

毎日のハンドル操作で段の山がこすれて低く・緩くなるのかな。

つまりは5段(ノッチ)に入れたつもりでも、実は4段と5段の合間にハンドルが入っている状態になるわけですね。

 

 

ノーブレーキになってお尻が浮くような感覚になる車両もあれば、段と段の合間にハンドルが入って電制(電気・回生ブレーキ)だけが切れて空気ブレーキのみになる車両もありました。

通常より高い速度で電気ブレーキが急に空気ブレーキのみになると、意外と衝動が伝わってくるんですよ。

界磁チョッパの車両でも後期製造分になってくると回生ブレーキを優先させようと、遅れ込め制御が採用されています。

T車の空気ブレーキをM車の電気(回生)ブレーキでまかなう、つまりT車は電気(回生)ブレーキ動作中はほぼノーブレーキ状態になっているわけで、この状態で通常より高速域で電気(回生)ブレーキが切れちゃうと、編成全体が揺れるんです。

 

運転台が新しければこういうことは起こりませんし、もっと古い電磁直通ブレーキは段(ノッチ)なんてありませんからこのようなことは起こりません。

まったく別の理由で電磁直通ブレーキが急に利かなくなったという事件は聞いたことがありますけど・・・


運転士

電車屋さんだったころの話
タイトルとURLをコピーしました